スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ52号の感想
2005-11-30 Wed 07:52
●ワンピ(表紙&巻頭C)
 見開きカラー扉の美しさは相変わらず。キャラたちの衣装がいつも違うのが良いです。
 本編はついにロビンの過去回想に突入しました! まってたよー。キャラの設定を裏切らない過去を描いてくれる作者さんだから楽しみです。養父母からあまり可愛がられていないのとかね。同年代の娘がいるんですもん、ロビンのほうが明らかに美人で頭脳明晰だったのでしょうから、この扱われ方は納得だ。高スペックな女性特有の苦労をしてきたんだろうなって感じ。そういう生まれついての個性によってどうしても背負ってしまうものを無視しないのはこの作品の好きなところです。となりで妙に彼女を理解しちゃってるフランキーも素敵。CP9が並んで顔見せしたシーンはさすがに足が長すぎると思う。

●ナルト
 順位高いなぁ。絵を眺めてるぶんには私も好きなんですが。このヤマトさんはサイの口調を一度くらい注意するべきではないでしょうかね、サイのほうがトラブルの原因を作ってるんだから。4人組のうち2名が新顔で、一度も一緒に訓練したことのない班が、チームとして任務にあたるってのが……どんなチームワークするつもりでいるんだろうと、どうしても思ってしまいます。自主的に集まった友人ではなく、下手すると利害も一致してない相手と仲間にならなくてはならない状況に置かれた主人公ってのは、けっこう珍しいシチュエーションかも? そう考えれば面白いかな。でもこの作品のキャラたちが仕事から学んでいくのは仲間に対する想いとか必要な戦いに臨む気力とかで、仕事に対する意識の向上なんて眼中になさげなんですよね。まあ仕事といっても給料やボーナスといった報酬の存在が(おそらく意識的に?)避けられてるから仕方ないか。私にとっては読み方がむずかしい作品です。萌えられるキャラを探すしか……。

●アイシ
 いろいろ判明&新たな試合展開への布石。話の進みが相変わらず早くて気持ちいいです。夏彦に対するアメ(セナ)とムチ(武蔵)がイイ感じに機能してますね(笑)。いや、どちらも必要ですよねチームには。競技としてのポジションのほかに人間関係でのポジションってあるじゃないですか。それが一致してたり逆に意外なことになってたりするのって面白いと思うんですよ。団体競技だし。チームによって違う形になっていて、でもそれぞれうまく回ってたりするのを見守るのは好きです。スポーツ物の醍醐味のひとつとして。

ジャンプ52号の感想の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 2005 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ51号の感想
2005-11-22 Tue 13:25
●ブリ(表紙&巻頭C)
 すげーなこの見開きカラー扉。ロゴといい好きなセンスですけど、なんというかミュージシャンのPVとかCDジャケとか写真集とかを連想しました。ルキアはちょっと貧乳すぎると思う。
 本編はいきなり敵が戦術もなにもない圧倒的なちからで主人公サイドをボコるという、絶望的なパワーゲームが開始されました。対するこちら側も同じように隠されたちからを披露するという完全なるインフレ展開。この作品の戦闘らしくなってきましたね。適度に回想とか入れてくれることを願うばかりです。

●ワンピ
 ルフィの言い分には突っこみどころもあるけど、嫌いじゃないです。そして仲間が一気に集結してくる展開には素直に魅力を感じます。ちょっとゴチャゴチャしすぎかな。でもそれがこの作品の持ち味なんだろうし。これから戦闘が始まるのかと思うと正直ツライ。それを見守るロビンの言動に期待します。

●ナルト
 サイよりもヤマトのほうが印象薄いなあ、死んだ魚のような目をしている。「ダンゾウという男は(中略)タカ派の男だ」って綱手さん、いまの木の葉で一番のタカ派は他ならぬあなたさまだと思いますよ。……あとマンガ絵ではリアルを無視して膝から下を長めに書かないとスタイル悪く見えるんですよね~。

●テニス様(センターC)
 実写映画について。皆さんキャラの特徴つかんでますね。本編は読むのがつらかったです、散漫としていたような。顔の多いマンガです。キャラのアップが増えるのは作者が疲れている証拠かと。

●ムヒョロジ
 うーん、今井さんしか心に残らない。ロージーの覚醒?は褒められるべきだと思いますけど、事務所に就職したときなんか研修とか受けなかったんですかね。いままでどんな仕事してたの?っていうか助手ってどんな仕事だと思ってたんだ?助手になったばかりの頃のエピソードならともかく2年後にこれでは、呆れちゃって感動できません。ムヒョも管理職としての職務を果たしてこなかったからこんな結果になったんじゃないのかな~。しかし今井さん、彼氏でもない部下との写真を部屋に飾るのは微妙です。

ジャンプ51号の感想の続きを読む
別窓 | 2005 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ50号の感想
2005-11-16 Wed 11:33
 コンビニが23時までというのも今時ありえないと思うんだけど、ジャンプ取り置いてもらってるところは早めに店じまいする毎日で、月曜の22時にいったらもう閉まってました。どんだけ田舎なんだ……。

●リボーン(巻頭C)
 レオンがキラキラしてる! これは土壇場でなにかが生まれそうですね。ドシリアスな展開が続いてます、これでホントに死者がでたら私もこの作品に対する見方を変えるんですけど。そろそろクライマックスみたいですね、ビアンキがまともな人になっちゃって残念だなー。ツナ以外にそういう良識的なツッコミができる人がいないってことなんでしょうね。偽骸さんが仲間になったとたん爽やかなナイスガイに化けたら面白そう。

●ナルト
 シカマルが出てたのでオールオッケー。どうやらサイは男の体型ですね、ヘソだしかよー。

●ワンピ
 話が進んでます、こういう内容の割合をバトルより増やすべきだと思う。フランキーとロビンに焦点があたると幸せです。今回のフランキーの技は凄いな! 絵面が凄い! ロビンたんもっと内面を吐露してね、来週にも期待したいけど、ルフィとCP9の戦いがえんえん続きそうです。

●ブリ
 ……バトルの内容はいいと思うんですけど。ハゲも好きなキャラです(名前を呼んでやれ)。しかしこれはストリートファイトや武道大会ではないんで。君らの仕事の正否が多くの人間たちの人生を左右するという、そういう自覚が……いや11番隊だけが任務そっちのけのバトルマニアだという設定になってはいるんですけど、ほかの死神も同じノリだからなー。まあ久保先生の作品はそういう楽しみ方をするものじゃないってのはわかるんで、そのセンスを生かしつつも欠点を露呈しないようなストーリー作りを期待します。

ジャンプ50号の感想の続きを読む
別窓 | 2005 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ49号の感想
2005-11-08 Tue 09:27
●ムヒョロジ(表紙&巻頭C)
 いきなり泣いてる! 予想を裏切らないロージーの乙女ぶりが今週も全面に打ちだされていて、おなかいっぱいです。今井さん引いてるし(笑)。でも先週の「ナヨナヨしてる」発言のときも思ったんですが、作者さまもロージーの突き抜けを自覚してるんでしょうか。以前は素で描いていたような気配だったのに。だれかに指摘されたりしたのかな。ロージーが魔法律の学校をでていない事実が明らかにされましたね。ホントに素人なんだ……実力を問わない求人をしている時点でムヒョが助手ではなく人生のパートナー(笑)を求めていたのがわかります。自分のお守り役を必要としていたのかしら。てゆーか風呂あがり下着姿のロージーが……サービスシーンですよねコレ。たとえばリボーンの死ぬ気になったツナの姿とは明らかに違うオーラを発しています。そして相変わらず協会の警備体制はゆるゆるみたいです。本拠地がこうも簡単に襲撃されてしまうのでは、だれと戦ったって勝てそうにありません。ダメな組織だなあ。

●ナルト
 いや罠かもしれないなら対処を考えようよ。ただ突撃するだけなの? むしろこちらが罠にハメるチャンスなんじゃないの? 作戦立案を担当する部署に考えさせて提出されてきた作戦を検討するとか、そういうプロセスは踏まないわけ? そんな人材いないんですか? ……シズネがんばれ。

●アイシ
 相手が個人的な能力だけでなく作戦で攻めてきたのは初めてなんじゃないかって印象ですが、過去にもありましたっけ。この作品はアメフトを知らない人が少しずつ内容を理解していくようにできてますけど、やっとそこまで来たのかと思いました。べつに超人的な能力の選手がいなくたって作戦次第では勝てるかもしれない競技ですし、強い選手をひきぬかれてしまったチームならではの戦いに期待します。

ジャンプ49号の感想の続きを読む
別窓 | 2005 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ48号の感想
2005-11-02 Wed 12:34
●ワンピ(表紙&巻頭C)
 カラー多いなあ。質が落ちないのが凄い。この見開き扉いいですね。これは穂先にペイントをつけた模擬戦ということでOK? ちゃんとランスを使ってるのに好印象。馬の表情とかみると、リアルに描けばいいってもんじゃないんだな~と思います。そしてチョッパー可愛すぎ。
 本編は方向音痴なゾロに対してチョッパーが「今度 薬 作ってみるよ!ダメに効く薬」、ウケた。「バカにつける薬」ならベストの表現だったのに。ルフィについては正直スルーしたいです。

●アイシ
 なんか面白い。先週の感想で赤羽やコータローがどんな葛藤をもっているのか描写されてないと書いたら、今週で回想が入りましたね。過去バナするために試合中タイムアウトをとるコータロー(笑)。アホの子だ。残りタイムアウトの数が響く展開になるのかどうか注目です。後ろで「タイムアウトは1分30秒だよ~」といってる審判さんに笑いました。
 それで盤戸の過去について。キックチームに関しての話とはべつに赤羽たちの事情があるのかと思ってたら合体してるんですね。あくまでそれ一本で押すのか……よくここまで勝ち残れたなって感じのチーム状況ですけど。ひとつ突破口をみつけて一気に畳みこんでしまえば、もう持ち直せないんじゃないでしょうか。

●ブリ
 チャドがー! 久しぶりに内面が描かれたと思ったら、コレかい。ヤムチャ化ではなく修行フラグだと受けとりましたよ、そうであることを願う。そして意外にも一護をさしおいてルキアが活躍。彼女の斬魄刀のお披露目ですね。まともに戦ってるの久しぶりだから、なんか変な気分です。強いじゃん!

●銀魂
 あーギャグを求めている人間にはツライ展開になってきた。銀さんとその周辺のキャラたちはこういう展開になってもぜんぜん変化しないんですよ。考えることは同じでさ、以前と違う選択をすることはありません。自分の生きる指針となるような信念はみんな最初からもっており、事件を通して新たな考え方を獲得することはなく、心に秘めている信念を主張するという形で終わるんです。その信念の内容はずっと同じだから面白いのは最初の1~2回だけ。もし主要キャラのだれかが本気で敵の思想に共鳴して仲間を裏切るような展開にでもなれば、強い内面をもっているキャラばかりだし楽しめると思うんですけどね~。

ジャンプ48号の感想の続きを読む
別窓 | 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| " Oh woe is me ! oh misery ! " | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。