FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ12~13号の感想
2006-02-28 Tue 02:36
●ワンピ
 カラーはいつも美しいですね。ロビンはふつうに仲間扱いされてるけど、新しい船大工がだれかはこのまま伏せていくんでしょうか。見開きカラー扉の岩と草の塗り方でドラゴンボールを思いだした。ガーデニングしすぎだろ~も、悟空が「家の中に外があるぞ」といったのを彷彿とさせます。
 だれが対戦するかは早くからいろんな予想がありましたけど、女同士対決じゃなかったのは良い意味で予想を裏切られましたね。まあストーリーという観点からするとキャラが戦うのはなにかを得たりするためだったりしますから、能力的に近い者を戦わせようとかいった考え方は作者の人はあまりしないだろうと思います。とにかくカクが格好いいです。キリン……どうやって戦うんですかソレ(笑)。今週はスパンダムがいなくて寂しかったです。エニエス・ロビーに入ってからはスパンダムの一挙一動が面白くてたまんないんですよ。派手に散ってほしい気もするし、こういう小役人タイプはしぶとく生き残るパターンも多いと思います。
 先々週だかでバトル突入と思わせてフランキーの語りが入ったことをテンポが悪いと評価している人が多くいたので読み返したんですが、引きがよくなかったんですね。フランキーが「ちょっとまて、いいたいことがある」と立ちあがった場面で引いてれば良かったんでしょうけれども。

●ブリーチ
 白目の部分が黒くて眼球が白いのをみると猿の目を思いだしますな。また修行パートに入るみたいですが、ぶっちゃけ通常のバトルより好きなんで楽しみです。内容とかより絵的な表現がね。

●ナルト
 サクラちゃん……まったく進歩ないのね。なんというか、新人賞などで「ストーリーのためにキャラを動かしているような描き方はよくない」とかってよく書いてあるじゃないですか。ナルトってまさにそんな感じの作品に思えるときが多いです。ほかに良い部分が多いからそれでもイケてるってことなんだろうと思うんですが、主人公サイドの主要キャラがこうも成長しないのを見せつけられるとツライなあ。

●リボーン
 おっ、今週ちょっと面白かった。指輪という小道具の使い方は本当にベタなんですけど、いろいろキャラが立っている作品に後から投入されると楽しい設定ですね。しかし友人を守りたいという人として当然の意志はあってもマフィアになど興味のない主人公が今後どうなるのか、ちょっとどう転んでも不自然というか難しい状況にあるような気がします。戦う女キャラがほしい、とか思ったり。

ジャンプ12~13号の感想の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 2006 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ11号のムヒョロジ
2006-02-16 Thu 22:41
 今週のジャンプ感想でムヒョロジについて批判的なことを書いたんですけど、その後いろんな感想サイトを巡りながらさらに考えました。内容は分析・考察でもファンの方には嬉しくないと思います。構わないという方だけ続きを開いてください。

ジャンプ11号のムヒョロジの続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ11号の感想
2006-02-15 Wed 01:33
 昨日はオリンピックのおかげでNFLプロボウルの放送時間がズレたとかありましたが、そんなの気にならない精神状態でした。ペイトン・マニングのアレは冗談だったのかな……メット内の無線が壊れて「トワイライトゾーンのテーマソングみたいな音がする」って。ヤツは大マジだった可能性も捨てきれないと思う。放送局がじっさいにヒヨヒヨヒヨヒヨヒヨって音を流してたのにまったり笑いました。

 ではジャンプ感想ネタバレ注意です。

●表紙(ムヒョロジ)
 ムヒョの歯ぁ剥きだしはちょっと意外な感じで面白い。ロージーのポーズは相変わらず変(笑)。

●メゾン・ド・ペンギン(新連載)
 金未来杯の優勝ではない作品が先に連載開始ってのはどうなんかなー、エントリーした意味ないんじゃ。四コマだから別枠なのか? ネットでの評判は上々でしたが個人的にはそれほど印象には残っていない作品なので、フラットな気持ちで読みました。週刊でこのページ数で四コマって大丈夫なんでしょうか絶対ネタ切れになると思うんですけど……あとは、ジャンプ自体をネタにしたものが多いですよね。もて王が子供向けというよりオタク向け作品であるように、これもそういう層に売るつもりなのかな。パロディはファンがやるもんだという固定観念があるらしいです私には。それでファンの書いた作品がいかにレベルが高いかを再認識したのはたしかなんですが。でもこの作品なにやってるかわからないような場面はなかったから、けっこう悪くないような気もします。とりあえず様子見で~。

●ナルト
 こないだ大蛇丸さまの口から両手がでてきたときも思いましたが、この脱皮とか内臓が蛇だらけとか、良いですよね。うっとりしちゃう。しかしなにが目的の任務だっけ?みたいな感じです。

●ブリ
 なんと、雨竜はあれからずっと修行中だった模様。とにかく描写があったことに一安心。雨とジン太はカワイイな~、このふたりって姉弟みたいなもんだと思ってましたが(コミックスのオマケ連載でジン太が一護の妹の家事ができるほうの子が好きなのが判明してますよね。本誌だけ読んでると雨に気があるみたいです)、もともと純粋な戦闘力としては雨のほうが強い描写が過去に何度もあったから(あっち向いてホイでジン太が連敗して一度も勝てない様子とかさ)今回のふたりは微妙な感じで楽しかったです。
 話の都合でインフレ化する敵と常に第一線で戦ってないと話に参加できない世界って大変ですね。あまりに強さの基準が画一的といいますか、いまだって織姫のお役立ち度はかなりのもんなのに役立たずみたいな描写されてるし。感想サイトを巡っていると、人気投票で「弱いのに順位が高くておかしい」という意見があるんですよね、けっこうなカルチャーショックです。戦闘力とそのキャラの人間的な魅力ってぜんぜん違うと思うんですけども。これがバトルを好む男の子の感性ってものなのかしら。でもバトル以外の面で役に立ってても評価される描写がなければそれも仕方ないか?

●ワンピ
 あー今回も熱い! 設計図にこめられた願いとか、いやホントそうなんだよ、危険な兵器を作ってもそれをどう生かすかは人間の考えひとつで決まるから悪い方向に転がる可能性も多いんだけど、だからって兵器そのものの存在を問答無用で抹消するんじゃなく、もし最悪の事態になったときのために対抗する手段を用意しておくという。それってすごく面倒くさいことなんだけど、とにかく良い方向に事態が進む可能性がほんの少しでもある限りはチャンスを残しておくって話ですよ。素晴らしい。もしかしたらこんな兵器があるせいでたくさん人が死んだりするかもしれないのは当然わかってて、最初からなかったことにしてしまったほうがそりゃ楽なんだけど、それじゃ発展もしていかないから、リスクを承知で楽なほうには逃げないという考え方です。いーなー。好きだー。
 私はワンピに限らずいろんな作品で「悪」とはなにかを常に考えているんですが、罪のない一般市民たちの生活を守ること、それは疑問の余地もない善だとする向きが常識のように思われがちですよね。でも文化の発展とかいったものを妨げる「悪」であるという見方もあると思うんです。さいきんの若い人はものすごく保守的だなーと感じていたんです。それがワンピではそうでもない人たちがたくさんいます。しかもその考えマンセーという描き方もしていない。本当に良い作品だと思います。

ジャンプ11号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ10号の感想
2006-02-09 Thu 04:48
●折込ポスター
 ブリーチこういうの綺麗だよなあ。いつもテーマがはっきり決まってて色の数が控えめな印象です。

●ツギハギ漂流作家(新連載)
 私はたぶん初見の人です。カラーがなんかワンピっぽいと思った。いきなり野生の獣の生肉を食べる主人公……寄生虫とか病気とか危ないですよ。と思ったら本人がそれネタにしてるし(笑)。うーん、この主人公、目の形や傷や性格がルフィっぽいかも。このヒロイン?の編集長、そんなに売り上げ悪いのに自信たっぷりな態度をとってるのがなんとも。話は世界設定の説明が多すぎるのが気になりました。ツカミにしてはキャラの行動がベタベタでインパクト弱いし。でもうまくまとまっていたともいえるかな。正直あまり興味をひかれる部分がなかったのですが……次回になにを期待していいかわかんないっていうか。とにかく第一話で判断するのもアレなので様子見です。どうしても我慢できないような部分とかはなかったですね。

●ワンピ
 ロビンの乗船儀式が完了しました。この辺はお約束どおりですね、ほかの仲間のときと同じノリですかね。もらい泣きしてるフランキーに和みました。これから何週間バトルやるのかなー。

●アイシ
 雪さんを元のベジータに戻してください、お願いします。みればみるほど微妙すぎ。ヒル魔さんたち三人が神龍寺を受験しようとしていたってのは納得ですね、とくにヒル魔は「勝てなきゃ意味ない」の人ですから、最初から強いチームに所属することを考えるのは当然な気がします。でもそれだと栗田の実家が寺って設定が浮いてしまうんで、なんかどこかでストーリーの変更があったのかなって邪推してしまいますけど。阿含たん……そんなにヒル魔とお友達になりたかったのかい? 仲間に入りたかったんでしょ? ツンデレ確定。でも可愛げのあるキャラだってことになればそう手酷く負けることもないのかなって……夢を見ていますけども。ホントに単なる嫌がらせだとしたら、なにか別の気にかかる部分があるわけですよね。ヒル魔(たち)に自分あるいは誰かの姿を投影している可能性とか考えられますけど。阿含とヒル魔がどんな経緯で知りあったのか読みたいです。
 一休はスポーツ推薦か。コミックスのおまけページであまり成績のよくないキャラだと暴露されていましたね、そういえば(私のイメージではもう少しできそうな感じですけど)。その一休よりさらに成績の悪かった山伏先輩はおそらく前年度のスポ薦だと思われます。
 来週の予告によると「決戦スタート!」って、もう試合なの? 神龍寺側の事情も少し描いてほしいのに。てゆうか雲水さんの存在が無視されすぎていると思うのは気のせいでしょうか? 設定的に金剛兄弟はふたりセットっぽいんで、かなり物足りないんですけど……。
 雪さんは頭脳を生かしてQB兼任のWRと予想してみます。パスを投げるのもやるWRね。ボールの扱いに慣れているってことで互換性の高いポジションみたいですし、モン太はノーコンだという設定があるんで差別化が図れますよね。

ジャンプ10号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
人間ドックの結果
2006-02-08 Wed 00:00
 1月17日に書いた人間ドッグの結果をうけて、受診して参りました。

人間ドックの結果の続きを読む
別窓 | 本とか | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ8~9号の感想
2006-02-01 Wed 19:21
●銀魂
 アニメ化……テレ東ですね、なにの後番だろう。どっちにしろ田舎じゃ見れないさー(寒)。
 えー本編は、歌舞伎町の雪祭りでよろず屋がリンガの雪像を作ったという……マダオといえばまるでダメな男だったのに今回は「まるでダンディーなおいなりさん」でした。なごむなー。
 先週は犯人との筆談で「字が小さくて読めません」で吹きました。やはりギャグが良いな。

●アイシ
 新キャラのリコちゃんは鈴音との描き分けが微妙な感じです。この作品の女キャラは元気で健康的な性格の子ばかりですね、そういうクセのなさはストーリー上での重要性の低さを物語っているわけですが。扉の進が妙にカッコイイ。今週は関東大会に出場する各チームを取材という形でわかりやすく並べて比較して紹介するという、相変わらず卒のないストーリー運びでございます。狼谷大牙くん可愛い! 西部と対戦かー、負けるんだろうけど、それ以前に泥門以外の試合の描写があるのかどうかが心配です。マルコ、あんたソレ制服なの……? 原尾さまのキューティクルが美しすぎ。阿含のファッションセンス最悪!
 こうして阿含たんが横暴な態度をとるたびに後でさぞかしコテンパンにやられて読者に爽快なカタルシスを与えてくれるのだろうと思うと涙で前が見えません。でもいいんです、物心ついた頃から私は脇役や悪役ばかりに肩入れしてきたんですもの。こんなことには慣れきってますよ、ええ。
 てか今週の阿含、ヒル魔のせいでアメフト始めたんですか? なにこのツンデレ野郎は(笑)。この過去は東京なのか神奈川なのかとか不明な部分が多すぎるんですが、とりあえず様子見でー。真アイシールド21の正体が阿含の説もあるわけですが、その根拠のひとつが「常にサングラスなのは弱視なんじゃないか」です。先週の阿含はけっこう何度もサングラスを外していますね。屋内ばっかりですけど、そういや6巻でまもりをナンパしようとしたときは屋外だよな。しかし目の描写が白抜きで、いかにもなにかありそうにも見えます。双子の雲水と比較したいんですけど、こっちは瞳が小さい描写しかなくて……やはり6巻を確認すると雲水も阿含も同じ(?)トーンで色がついた瞳のアップがありました。うーん。
 この「凡才が才能にひれ伏す」っていう阿含の言葉はヒル魔さんに向けられたものですけど、努力する凡才といえば阿含と双子の雲水の設定ですから、その辺どう思っているのか知りたいところです。てか描かないと伏線が未回収ってことになりませんか。今後に期待します。雪さん登場で私の予想も大当たり。

●ワンピ
 回想が大詰めです。思ったより話の進行が早い印象。キャラの凄さをアピールするためのバトルがないって素晴らしい(笑)。しかしオハラが滅んだのはロビンのせいでもなんでもないですよねコレ。サウロや青キジなど、いろんな立場の人がいろんな考え方で行動しているのが良いです。街や風景や変わった生き物だけじゃなく、こういった部分でも世界の広さ奥深さを感じられる作品ですよね……。

ジャンプ8~9号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。