FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ15号の感想
2006-03-15 Wed 07:19
 ホワイトデーは雪模様でしたね。

●表紙ナルト
 なんか新しい表現でも模索しているんでせうか。

●ブリーチ
 虚な一護がカラーで描かれるのって初めてでしたか? すげぇ肌色です。先週のリボーンといい、死人色のキャラが流行ってるんでしょうか。この一護は服が白いから白一護と呼ばれることが多いのかな、性格的には黒を担当してるんだろうから面白い感じ。というか、いま彼の身体を操ってるのはダレなんですか?

●アイシ
 ほかのサイトさまでアイシールドの略称を「21」としているのをみつけて、私も真似しようかなと思っております。判別できますよね?(メゾン・ド・ペンギンを「鳥住宅」とするのはやや高度かな)
 ナーガファンとして今週は萌え一色に染まりたいのが正直なところなんですが、とりあえずツッコミどころから。ドラゴンフライを最初にみせたときスナップ前にライン同士がぶつかりあっているようにみえますが、スナップされてからでないとキミたちは動けません。ルールブック読んで出直してくるように。あとはセナが雲水を止めたシーン? ドレッドが生えてますね。直後に阿含がいるから3兄弟にまとわりつかれた阿含かもしれないけど、体格からしてセナと雲水じゃないのかな~。コミックスで修正が入ることでしょう。
 というわけで今週は金剛さんちの双子ちゃんがドラゴンフライで大活躍。げへへへヨダレが止まりませんよ奥さん。ふたりして似たようなプレイをしているのに阿含のほうが明らかに迫力ある描写になっているのが、ふたりの才能の違いってやつを表現しているんでしょうね。どうやら当初から危惧されてきた阿含のスタミナ切れはなさそうな感じ? 泥門は夏休みをスタミナ強化だけに使ってますから、その利点が通用しないとなると厳しいですね、ますます絶望的な状況になってきてると思います。基本の実力に差がありすぎるので、勝つならかなり説得力のある奇跡をおこさないと読者は納得しないですよね。どうなんのか期待です。
 ところで他のサイトさまで感想を読んだりコメントしたりするうちにまた考えがかたまったので書きます。こればっかりだなー。

 少年マンガ的なバトルの面白さを形成する重要なポイントのひとつに「戦力の拮抗する者たちが対等に戦うことで勝負をつける」というのがあると思います。正々堂々と1対1で戦うわけですね。しかしこれをやっていいのは「負けても困るのは本人だけ」という自由な身の上のキャラであり、「もし負けたらだれかの命が危なくなる」とか「仕事や任務で戦っている」という責任を背負っている場合、個人的なバトル魂を満足させるために勝手なことをすると叩かれてしまいがちです。「戦闘の楽しさ」よりも「必ず勝利すること」が求められるようになります。悠長に1対1でなど戦わず、大勢で敵をとりかこんで一方的にボコれればベストです。すなわち「バトル」から「戦争」へとシフトするわけですね。
 よくいわれることですがアメフトは戦争みたいなスポーツです。ボールをもって前進しようとする攻撃側に対し、守備側は、極論するとボールをもつ選手を11人全員でとりかこんでフクロにするのが目的です。正々堂々と1対1で戦うことなんか求められていないんです。攻撃側のボールをもってない残りの10人は、それぞれ盾になったり囮になったりして敵の戦力を分散させ、ボールキャリアーに集中攻撃させないようにするのが目的で、そのためには、ランなのかパスなのか右へ行くのか左へ行くのか中央突破するのか読ませないように、相手の裏をかくことを常に考えなければなりません。攻撃のバリエーションは多いほうがいいです。そのために数百ものフォーメーションが存在します。
 泥門は未だに部員が足りないような状態の新しいチームですから、そんな数多くのフォーメーションを修得してるはずもなく、選手の個人技でなんとか試合を勝ってきたような面が大きいですよね。たしかに一点集中型に才能のある人材は豊富ですし。つまりキャラ同士の1対1の戦いに勝つことでチームを勝利に導いてきたわけなんですが、トーナメントを勝ち進んでアメフトとして高度な試合がおこなわれるようになると、相手は泥門の作戦を読んで戦力を集中し、ボールをもつセナなりモン太なりを数人でフクロにする能力が高くなってきます。泥門側としても同じように敵をフクロにすることを考えないといけません。今週だと、阿含や雲水に対してみんなして突撃する場面がありましたよね。こういうアメフトとして当然の行動をとると少年マンガ的に好まれる1対1の対決を描くことができません。先週セナと阿含がマッチアップしたときも「いやダブルカバーにしようよ体格差が大きいんだし、だれか援護につけてよ」と思われてしまったりします。ただアメフトの知名度が低いため、大半の読者は「もっと作戦を練れ」という感想を抱かず、ふつうに受けとめているようです。でも作者側はそれで済ましていいはずがないんで。毎試合ごとに違ったことをしてきますから「いろいろ模索してんだろうな」という印象をうけますね。そろそろ相手チームの下調べをしないのは問題だとか気づかれてきてるし(笑)。
 この作品も、話が進んで規模が大きくなったバトル漫画が陥るジレンマと似たような問題を抱えているってことです。キャラ同士が1対1で戦うしかない状況を作りだし、それが不自然にみえないよう工夫をこらす。良くも悪くもジャンプです(笑)。来週も雲水が活躍するといいな★(最後に本音でた)

●ワンピ
 えー結局サンジは戦わないの? ……いやこれは敗北という形で決着したから選手交代するってシーンか。ガラスの人形みたいにされたのがどれだけ後にひくかにもよりますが、ちゃんと報いをうけている点は好印象ですね。ナミが鍵をすりとって逃走に徹していたのもすごくいいと思いました。バトル要員との差別化を図りつつ、両方のキャラを立てるような行動じゃないでしょうか。しかしまあ「どうせ致命的な敗北はしないんだから早く話を進めてよ」という空気もたしかに感じます。お供の奴にしかみえないスパンダム萌え。

●ナルト
 ナルトが倒れたときのやりとり。サクラが甘えたこといってるのはそういう考え方をしている段階なんだろうってことでいいんですが、トラブル発生(ナルトが倒れる)→サクラの問題点が露わになる→ヤマトに指導される→その件に対して結論をだすことによって成長するはずのサクラ→トラブル自体が消失(ナルトが自力で行動できるようになる)→サクラは明確な結論をださずに済む→進歩しない→という流れだと感じてしまいました。ここで本当にナルトを置き去りしなきゃいけない状況に追いこまれれば、サクラは「任務を優先してナルトを放置する」のか「任務を放棄して友情を優先する」のかを必ず選ばなければならず、その後の人生に大きな影響を与えたと思います。この作品は、そういう場面がナアナアに終わって結論をださずに進行させてしまうことが、とくに主人公周辺で多いような気がしてなりません。話が進まない印象を強くするような描写じゃないでしょうか。いただけません、個人的には。
 ラストのサイは絵による分身でしょうかね~。動揺して隙ができた分身ヤマトを3人で攻撃?

●テニス様
 両者ノックダウン、先に立ちあがってファイティングポーズをとったほうが勝ち。これなんの競技でしたっけ。ラストは越前が「勝つのは氷帝です……なんちゃって」とかいってるのかな。どこを開いても笑いを誘う素晴らしい作品です。

●ネウロ
 相変わらず小ネタ効きすぎで楽しいです。飽きさせない。ネウロもツンデレにみえてきました(笑)。由香ちゃん可愛いな~、死なないといいんだけど。弥子ちゃん視点だと、おそらく父親を殺された経験もあってか屋敷の人たちを悪くみせているけど、客観的にみて死んだ芸術家のお父さんは家庭においてかなり困った人であったと思うし、たぶん幼い娘が懐いてくるのを邪険にしたり作品に少しでも触れたら激怒するような態度をとってきたんじゃないかと想像できるわけで、そんな冷酷な人たちにはみえないかな。どんな形の家族であるかは個々の事情によるんだから、ラッキーにも幸福な家庭で育った人が彼らを悪くみなすのは傲慢なことだと思いました。しかし「だれかひとりへのメッセージ」って、えらい具体的な予想ですね(笑)。

●銀魂
 ごめん、なんでこんな面白そうな題材をグダグダに物足りなくしちゃうのかと感じてしまった……足りないのは色気でしょうか。せっかく美形キャラのプライベートを暴くような話なのに、空知先生は読者のニーズがわかってない。どの辺の読者かは察してください。

●リボーン
 おお、いい感じ。マジでそのキャラに足りない部分を成長させていくような修行ですよ! 足りないってのは考え方とか性格的な部分の話で、戦闘力オンリーじゃないですよ。某作品とか某作品とか見習ってほしい。それを主人公でもできるかどうかにかかっているわけですが。来週に期待です。

●メゾペン
 天狗が天狗じゃなくなってる~。ツンエロ委員長はぎりぎりアウトじゃない? 部長と課長は面白かった。QRコードは印刷が荒いせいか読みとれませんでした。新キャラ大仏はインパクトが弱い……エロ江口が今回いちばん良かったです。バカップルでこのオチはありなの?

●ムヒョロジ
 五嶺たんの素晴らしく美しいお姿に! 一生このままでいて。トーマス、グッジョブ!

●もて王
 だから最終回みたいな扉は心臓に悪いから控えてくださいってば。今回は矢射子が出た瞬間にオチが読めてしまってイマイチでした。ここで登場してほしくなかった。合コンは面白かったんですが。みんな手慣れてるか興味がないかで、たとえばいちご100%の真中のような合コン初体験物語のような初々しさはなかったですね~、主題じゃないからだろうけど、ひとりぐらいそういうキャラがいないと寂しいものです。

●デスノ
 ライト周辺の一般人キャラにイライラ。いっそ早いとこ全滅させてほしいくらい。相沢さんがなにかしたんですかね、ここで初めてマッツーがライトに味方しない沈黙を選択したらしいのは注目したい。でも、なんてことない反応だった可能性も高いですね(←こう思わせてしまうのは駄目っぽい)。とにかく決着がつくのをまってます。早く読ませろ。

●ボ
 最後のへっぽこ丸は萌えていいのかなんなのか、むしろ萌えたら負けかもしれない。ビュティは完全に恋愛フラグの消化に入ってるのか……どう落ち着くのか期待。首領パッチの奇行が面白かったです。

●蠢人間(読切)
 絵が巧いです、新人とは思えない。その点は期待大です。内容もスピード感があって最後まで一気に読めましたし、久しぶりにストーリー系のまともな読切に接した気分です。編集部的にもプッシュしてるのかな? 正直タカヤよりこの人に連載させてほしい(笑)。話はテーマが一貫してるのはいいんだけど、なんか主人公が虫人間であることが必要ないと思いました。あとヒロインが極めて記号的。一見してどんな展開かわかってしまいました。こういうヒロインにツボる人がいるのは理解できるんですけどね。

●ツギハギ
 掲載順が落ちてるなあ。もう駄目なのかしら。主人公が漂流作家として有能なのか無能なのか未だにつかめません。単に仕事にかこつけて未開地で遊びたいだけなのか? その副産物として作品を書いて生活費を確保するとか? 森の秘密はけっこう面白かったです。主人公は森の秘密を「本心からくだらないから自分が書く題材として採用したくない」と思ってるんでしょうか。そうみえたけど。じつは良い人、なキャラじゃないよね? それは最初から一貫されてて、そういうキャラも好きだから好印象なんですけど、これじゃ編集さんが主人公みたいだなあ。確信犯ボケと優等生ツッコミのふたりが漂流した先で判明した秘密を好き勝手にイジりまくるみたいな構成にすればイケそうですが、ますますジャンプには適さない作品になりそうだし。

●こち亀
 扉の麗子の足が明らかに変じゃないですか? こち亀でしかできないスケールの大きい荒唐無稽な話は好きです。巨大もんじゃを思いつく両津マインドは素晴らしい。後半グダグダなのはいつも通りで。

●みえるひと
 この位置で固定されちゃうんですかね。なんでこんな状況に陥ってるのか姫乃がもっと深く考えて意見していけば、キャラも立つし話に一本のスジを通せる気がするんですが。だれを視点にしていいのかわからないというか……作品序盤にも同じこと書いたかも。要するに一貫したテーマの不在です。

●ミスフル
 同じ試合展開がひたすらループしてる。でも同じところをぐるぐる円形に回ってるんじゃなく螺旋形に少しずつ前進しているのはわかります。キャラを描くには適した手法ですね。

●タカヤ
 落ちるとこまで落ちてます(笑)。渚が召還された理由が「王の血に連なる者だから」って、翔くんは無視ですかい。ドラクエで双子なのにロト装備できるのは男の子だけで女の子は無視されてたのを思いだします。なんだかなー。だしたはいいが扱いきれなかったキャラたちを舞台から排除する気まんまんですね。この世界でも新キャラたくさん登場してますが、彼らも大半がろくな活躍をしないまま(というか作者の手に余って)使い捨てられていくんだろうと予想されます。迂闊に特定のキャラを好きになることもできません。

●ジャンプ魂
 ツキミちゃんにうけた(笑)。

●ジャガー
 ピヨ彦がさやかちゃんからチョコもらうバレンタイン話って去年でしたっけ。人づてにもらって「明らかに本命じゃねえ」とか思った回。あれを真っ先に思いだしてしまったので、オチがわかってしまい、私にとっては真相が判明したあとのみんなのリアクションが全てでした。結果は70点って感じ。

 そんなこんなでまた来週。サイドメニューのいちばん下から評価を送れるようにしたので、よかったら使ってみてください。
スポンサーサイト
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ジャンプ16号の感想 | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ14号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。