スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ33号の感想
2006-07-16 Sun 23:10
 とっても涼しい今日この頃。散歩日和なのに雨なのが残念。いま着々と隣の弟の部屋が私の部屋の一部になりつつあります。でもエアコンないから夏は使えないかな。まだ暑くないけど。壁ぶち抜いて12畳にしちゃいたい!

 ここ数日はブログの面倒みてました(記事の更新ではない)。デザインは気に入ってるけど古くてプラグイン未対応のテンプレを対応させてみたんですが、うまくいったのと、表示が崩れてしまったのと、以前は崩れていたのに直った(笑)のがあって、どうしようかなーと思ったところで力尽きました。
 あとカテゴリーやらリンクやらをツリー化するプラグインを導入。正確にはソースだけもらって使用中のプラグインと合成した。みやすいっすね。
 それから格言をランダム表示させるのがあったから、内容を変えて使うことにしました(どうでもいいけどこのプラグイン、以前登録されたSKY WORDってプラグインとソース同じだ)。ジャンル別に数バージョン作ってみようっと。
 私が感想でいいたいことなんて過去の偉人が既出なのよって思い知ったところで今週の感想にいってみたいと思います。コメントへのお返事はその後で……(駄)。

●オーバータイム(新連載)
 おおおお、これは完成度が高い! 面白いです。こんなに最初から期待できる新連載は久しぶりだ。失速しないことを願うばかり。
 琴吹くんの人間性は過剰なくらい等身大で私は嫌いじゃないんですが、好き嫌いが別れそうですね。イタイ部分を正直に書いてるからですけど。リアリティ追求するとそうなるのかな。駆け出しの映画監督の作品に対する批評で「貧乏くさくすればリアリティがでるわけじゃない」みたいなのがたまにありますけど、本質的にそれと似た印象です。青年誌なんかだとよくある描写でも少年誌では意図的に避けられていることが多いんですよね、そういうの。読切のときも感じたことなので、この作者さんの持ち味なんだと思います。吉とでるか凶とでるかって感じ。
 あとアイシールドへのリスペクト的な部分が目立ちますね。キャラ設定とかはまあ面白ければどうでもいいけど、ピーマンを押しつけあう描写はエピソードが似てるってことだからなー。表紙カラーの琴吹の服の色は盤戸スパイダーズみたいだし。
 鷹見が無関係の校長まで殴ってるのはストーリーの詰めが甘いってことかしら。ムヒョロジの如く設定的なツッコミどころ満載な作品になる可能性もやや感じさせます(笑)。ともあれ好印象だったので次回に期待です。タイトルはどう略すべきだろ。


●ワンピ
 そげキングー! あんたカッコイイよ!

●ブリーチ
 グリムジョーが凍ってる描写に岡崎武士の『精霊使い』を思いだしました。懐かしい。ルキアも一護もちょっと油断しすぎ。こんな派手なことやってるけど、これ霊体の戦いで一般人には見えないんでしたっけ? 市街地で戦うときは通行人がほしいと思うことも。次回もグリムジョーが活躍しますように。

●ラジコン
 剣八さんの実写は大変そうだ。眉そったのかな。てかCGみたい。一角役の人は「ヅラじゃないです」ときたし。夜一さんに不覚にも見とれてしまいました。

●メゾペン
 アシさんの絵が気になる……。

●ナルト
 突っこまないよ、突っこんだら負けだ! でもハンター分が補給できました、かなり補給できました。ありがとうっ。影分身の使い方は面白いです。

●21
 審判によるメジャーリングは狙ってたのかな、セナがダウンする場所に気をつけないといけないわけだけど。ここでランが来るとは思わないっていうか普通は使わない場面ですから、このプレイを布石にして次回はロングパス投げたりするのでしょうか。阿含たんがキレそう(笑)。がんばれー!

●もて王
 ミサミサのポジションでいいのか、翠は。それなら望みあるかも(笑)。悠たちの家のトイレにサニタリーボックスがあるのに驚いたんですが、検索したら「男性もナプキンを使うことがあるため」という一文が出てきて、さらに驚いた。そうなの??? なんのために? マンガ家の職業病diへの対応か?

●リボーン
 雲雀さん好きだなあ。審判の娘が校舎の破損は完全に直すとかいってるのに笑う。笑うところだよね? ロン毛さんの口調はいつみても微妙です。話はともかくコマ割りとかで読みにくさを感じるのは私だけかしら。キャラが強い感情をこめて叫んでる場面も、ただ歩いてる場面も、同じくらいの気合いで描いてるって印象です。マジメなお人柄がうかがえていいんですが……。

●とらぶる
 今週も不動の安定感。いまいち目的がなくて物足りない気がしなくもないが、とにかく面白いです。尻尾はだれも気にしないのかな(笑)。

●ボボボ
 ポコミちゃん可愛い! 積極的で好きだー。でもリアクションする前にある妙な間が、とっても怖い。天然じゃないな。めっさ好みだ、どうしよう。ナメ郎は微妙なキャラだと思っていたら、ポコミとの関係で好感度をあげてきましたね。やっぱキャラ立てはキャラ単体でやるには限度があるんだよね。

●Dグレ
 本当に絵柄が変わったなあ。休載中にどんな作品に触れたんだろう。きっと感動するとスケッチブックに落書きせずにはいられないタイプとみました。そしてストーリーはひたすら悲劇的な方向に進んでいきますね。運命に命じられるままの形で変化する主人公か。面白いじゃないですか。そういう生き方が哀れだとは感じないから、泣くようなことじゃないと思うけどね(そういう境遇を楽しめるような性格って変かな……って15才じゃ無理か)。なにが凄いってアレンの睫毛です。

●ネウロ
 ギャグとホラーが本質的に同じものであるのがよくわかる構成でした。3人の学生たちがいつ豹変するかと引っぱりまくって、そして期待を裏切らない行動。素晴らしい。今週だけ読んだ人にはわかんなかったと思いますけどね。飛べない弥子のために階段を作ってあげるネウロ萌え。その人間階段を平気でのぼる弥子もいいキャラだ。
 春川の動機かぁ。この作品の犯人の動機って二次的な欲望ばっかりだから面白いです。一次的な欲望が動機だと3種類くらいでネタ切れになっちゃうからね。

●エムゼロ
 そもそも素質のない人は、どんなプレートもってたって魔法は使えないんじゃありませんでしたか? あれ違ったっけ。それにしても生徒会ときましたよ! 以前から思ってたけどこの作品、少女マンガっぽい(笑)。

●銀魂
 うお、さがってるな~。今週はめちゃくちゃ面白かった! 桂はいい。エリザベスにも会いたかったけど、ってキャプテン・カツーラの眼帯にエリザベスの顔がついてますね。やっぱり忘れられないのかな(笑)。

●こち亀
 鉄っちゃん話で押すのかよ(笑)。どちらかというと鉄道マニアの次に鉄道に詳しいと評判のアイドルおっかけの女の子でも扱ってほしい。全国ツアーにくっついて日本縦断しつつビジネスホテルのシングルに7人で泊まったりする姿を描いたらどうか。

●ムヒョ
 さがってる~。動く剣は卑怯ですか?てか悪霊相手にナニいってるんだよう。それより今井さんがヒロイン役になるとは一体。もし人気があるからと思ってのことなら根本的に方向性を間違ってるのでは。ミックは好きなタイプかも。

●服部さん(読切)
 ちょっとジャガーさん系ですね、かなり面白かったです。このテンションを維持できるんなら連載してほしいくらい。ペンネーム憶えました。……変な名前だなー。これからも頑張ってください。

●村雨くん
 敵のみなさんが……これでもし本当に無関係の一般人だったらどうフォローするつもりなんだろうか。たぶんそれなりに有能な設定のキャラなのに行動が有能じゃない。それは主人公サイドにもいえることなんだけども。
 そしてまた同じような話がループし始めました。このループを脱するには村雨くんが失策して正体が露見するような展開が必要だと思うんですけど、作者的には主人公がミスる姿なんか絶対に描きたくないっぽい。その方針がすべての要因に思えますね~。

●みえるひと
 ネット上での評判はいいのに、どん底まで落ちてますね。なんとなくわかるけど、打ち切られるには勿体なさすぎるんで、がんばってほしいです。

●ジャガーさん
 こういう生活を体験したんだろうなっていうリアリティが心地よい。クーラーが効いてる場所なんていくらでもあるのに、それでも家でゴロゴロしている辺り、ホントにもう、どうしよう(笑)。


 ではまた来週。いつも評価を押してくださるみなさん、ありがとうございます。
スポンサーサイト
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<ジャンプ34号の感想 | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ32号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。