スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ35号の感想
2006-08-01 Tue 13:48
 ようやく夏っぽい天気になってきました。えーと、東北の梅雨明けはまだでしたっけ。河原を散歩したら水浸しで、泥道の深いタイヤ跡に水たまりができてました。そこを泳いでいたオタマジャクシたちの寿命はあと何日かしらん。いままた降ってるけど。

 ではジャンプ。このカードぶっちゃけ邪魔なんですけど、小さいお友達には需要あるのかな? 夏恒例の銀はがし、今回はギャンブル性ないんですね。銀魂のTシャツがほしいので送ってみます。蛇口からでてくるエリザベス(笑)。

●ナルト
 巻頭カラーで暁のみなさまが勢揃い。名前なんだっけジャシン教の人、こうしてみると美形で悪くないや(笑)。彼の武器は子供の頃に遊んだオモチャを思いだすな。こーゆー赤とグレイのパーツでヘリコプターとか作ったよ。髪飾りをつけてる人は女性キャラ希望。
 ナルトは里のメインウェポンになりうる素材ですから、その修行を支援することは里のためでもあるわけで、アスマとしては自分から積極的に教えてあげてもいいところですよね……わざわざ代金を徴収するのはナルトを甘やかさないためかなあ、とことん子供扱いされる主人公です。それが正しい対応だと思えるところがなんとも。
 将棋。先週はアスマが一方的に攻めてたのに、そこからシカマルが逆転したんですね。たしかにシカマルは相手の動きを見極めてからそれに適した作戦を考えるタイプで、戦い序盤は出遅れるという面があります。それを再現してるのに感心しました。

●ワンピ
 CP9の様子を一コマずつ描いてフォローするあたり、相変わらず情報量が多いです。ルフィはなんかポパイみたいになってる(笑)。ほうれん草の代わりに肉を食べるんですね。ちゃんとゴム人間という特性が生かされてるし、なんだかんだいって良くできてる作品だなあ……。フランキーはロビンを守るように。

●ブリチ
 織姫ちゃんっ、あんた自分から敵に弱みを教えてどうすんの。あんたが藍染に反抗するたびに一護が殴られて、その映像をみせられる展開になるんだぞ? 反抗なんかする気はないっていうんならいいけどさ。それはありうるか。でもヒロイン特有の愚かさが描かれてガックリ。
 私はイチオリ派なんで(ルキアからは恋愛感情を感じない)今回の展開は歓迎ですが、世間にはそう思わない人が多い理由もわかるんですよね。最初は織姫って一護の顔をみるだけで変な連想をどこまでも発展させて笑ってるような子だったじゃないですか。そんな彼女が好きだったんです私は。この局面でもそういうのをやってくれればよかったのに。男ができて面白くなくなった女芸人みたいだわー。


●霊の友
 赤マントやトイレの花子さんはともかく、実在の殺人鬼である切り裂きジャックを素で悪霊扱いしてるんですけど……! すでに都市伝説と化してますかアレ。

●メゾペン
 バカ彦くんを探す彼がニセ者だって気づいてるのがよかった。今週は読切が4コマで、つい比べちゃったんですが、そうするとこの作品がハイレベルなのがわかるんですよね。人気投票ひっそり開催、もし送るなら天才マナブくんかな。

●ボーボボ
 ポコミが汗をかくほどナゼ敵が強いのかわからなかった……ぽっぽこ☆ハンマーで殺せそうにしか見えない。なんでだろう、ボーボボたちがピンチになってもピンチと認識できないからかな。首領パッチの見せ場は素直に楽しみです。

●リボーン
 いつもアシさんの背景がいい仕事です。う゛お゛ぉい!がどうにもウザイ。いやむしろアニメできいてみたいか(笑)。

●とらぶる
 なんだこの薄さ。臨海学校じゃ妹の出番はないよね、残念。

●銀魂
 男も女もブルーカラーばっかりでホワイトカラーのいない作品ですねぇ……。描き分けできてないのが勿体ないよ、九ちゃんの女装(?)なのに。

●オーバータイム
 どう略せばいいんだよタイトル。サイト巡りして「オバタイ」と「超過時間」というのを見つけました。どうする?
 本編。キライトさまが野球選手に転生していました(笑)。主人公ふたりが少しクセの強いタイプなんだから、ライバルは正統派の爽やかなナイスガイにしたほうがよかったんじゃないかな~。でも美形をだしたのは高く評価したいです。てか左利き多すぎくない?
 展開がのんびりな気がして心配です。

●こち亀
 扉の麗子、この作品には珍しい雰囲気だ……胸のサイズも控えめだし(笑)。

●21
 うっそー! と思った私はナーガファン失格です。信じてなかった。勝敗については審判の笛が鳴ってないこともあって来週まで待ちます。今週の見せ場はやはりヒル魔さんのマジな叫びでしょう。こんな顔をみるのは初めてじゃない?
 クリスマスボウルへの夢はまあおいといて、この試合の勝敗ってヒル魔と阿含の確執に決着をつけるものなんですよね? でもそのわりにヒル魔さんの本心は相変わらず微妙に描かれないし(それによってカリスマ性を演出するキャラだから)、阿含も似たような位置づけでやっぱり本心は伏せられたまま。中学時代に彼らがつるんでたことについてヒル魔がどういうつもりだったのかわかんないし、阿含がどういうつもりだったのかもわかんないままです。なんだコレ(笑)。
 そもそも推薦入試の件は、試合で勝てば決着がつくような話ですかね。勉強してない栗田さんが悪いんだし。
 モン太の「敵の強さを正確に認めたうえで対処を考える」という描写で、やっぱり彼もこの作品の登場人物なんだなーと思いました。まず現実を受けいれるところから始まるんですよね、現実を許せないから変えようとするんじゃなくて。

●みえるひと
 人気投票おめ。ガクと先代明神とコモンとミズチに送りました。偏ってるなあ。敵の仲良しぶりは可愛くていいんだけど、「子供の仲の良さ」ですよね。ロップイヤーラビットは萌える。

●斬
 先週は完全にスルーしましたが今週は良かった探しに成功、スピード感とか悪くないと思いました。キャラの位置関係はアバウトだけどね。

●Dグレ
 この扉すごいツボった! 表情と剣が好き。切り抜いておこう。
 本編はなにがなんだかワカリマセン。どういう動きがあったのかも正直よく……。
 仮面なのはわからないでもありませんでした。先週の感想で「そもそもイノセンスってナニ?」と書いたのは、アレンが「アクマを救う」という意志をもたないと発動しないのかと思ったからなんですが、よく読んだらそうじゃないですね。単に「イノセンスを活用して生きる」という覚悟さえ決めればよかったっぽい。アレンは性格的に他者への攻撃性とかないから、アクマを壊すために戦うっていうのが合わなくて、結果的に壊すとしても「これは救うためにやってるんだ」と考えることが必要だったってことか。
 どっちにしろ本来やりたくないことをやっていくしかない人生で、イノセンスの真価を発揮させるためにはアレンのありのままの自分みたいなものは主張しちゃいけないんですね、だから仮面でアレンの顔を隠す形になるのだろうと思います。アクマを倒す力があるのはイノセンスで、いま世界や人類に必要とされてるのもイノセンスで、つまり価値があるのはイノセンスであってアレンじゃない。優先権はイノセンスにあり、エクソシストはイノセンスの能力を発揮するための器・依代として生き、イノセンスが壊されそうになったり奪われそうになれば自分の命を捨ててでも守るわけか。道具だね。
 やりたくないけど勉強して就職するしかない現代日本人の姿を描いているともいえますが、そうやって読者が自分に置き換えて共感しちゃうと、この主人公の姿をみても救いがなさすぎる気がするな~。これからどうなるんだろう。

●ネウロ
 うーん、今週も低いね掲載順。
 今回の戦いは、どうすれば相手に勝てるのか、そして電脳空間で負けると本体はどんなダメージをうけるのかってことがイマイチ明確に示されていないので、バトルの緊張感がありませんでした。この作品からそういう印象をうけたのは初めてです。
 電脳空間でのバトルっていうと攻殻機動隊をどうしても思いだしてしまうわけですが。人形使いの場合、もともと人形使いを作ったプログラマーは人形使いが抵抗できないプログラムも作ることができたから、ネット上にいる彼の行く手をふさいで追いつめて特定のマシンに逃げこませ、そのマシンを物理的に破壊するという作戦をとったわけですよね。ハルは本体のスパコンを隠させたけど、人工知能の強みは自分のコピーをいくらでも作れるから命のスペアがあるってことだし、ただ対決しても無意味じゃない?と思っちゃう。ていうかネウロがハルを根本的には殺せないことを示す展開なのかな今回のは。

●ムヒョ
 腐乱死体ごっこするティキ萌え(笑)。こういう描写できるとこは好きです。ミックもかなりカワイイ、どうしよう。敵側の新キャラ登場ですね、女性キャラが好みです。毒島さんが自分の寿命を犠牲にしたエピソードは、禁魔法律に手をだすのとどう違うのかよくわかんないような内容の予感がします(笑)。

●エムゼロ
 本格的に愛花の出番を減らすつもりか、読者のニーズって大事だよ? ここで彼女が自主的に執行部に入るような展開になればいいんだけど、そんなことより執行部のキャラを掘り下げる方向で話が進んでいます。でも支部長と伊勢兄を絡ませるのは大きいお姉さん向けのテコ入れかも(笑)。どこに行きたいんだろう。

●もて王
 円先生の水着はツッコミ待ちですか? ルリーダの胸が堅そうに描かれてて感心した。男性キャラのバストアップというか上半身だけの描写が、全裸みたいです。悠と玲夜は眼福でした(笑)。あいすが体育座りで浮かんでるのが可愛すぎる。今回の宏海はテンション低めのツッコミが多かったですね。芸の幅を広げてるようで何より。

●ジャガー
 沈砂地(笑)。好きな人と下水処理について語りあえるって、けっこういい関係なんじゃない。


 なぜか更新チェックに拾われないのでテンプレ変更しました。なんでだろう???
 ではまた来週。
スポンサーサイト
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<クローサー | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ34号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。