スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ38号の感想
2006-08-23 Wed 05:07
 みなさま良いお盆をすごせましたでしょうか。
 私はけっこうハードでございました……あ、いまTVで荒木神がしゃべってたNHK-hiのSOUL'd OUT LIVEで。音楽とマンガって共通するものがある、リアリティとファンタジーの中間というか融合というか~みたいな数分のインタビューでした。ジョリーンの生原稿が映ったぞ。ここ仕事場かな。
 ……えーとハードなお盆の話です。まずお盆の前に屋根の修理を頼んだら、大工さんが転落死しました。そのとき家には私しかいなくて、私がハガキ(というかジャンプのアンケ……)をだしに家をでたその5分の間に落ちてしまって、ふたりで来てたんですけど、もうひとりの人は離れて作業してたから落ちた瞬間は見てないっていうし、動揺しててなにもできず救急車を呼んだのは私だし、現場検証にきた刑事さんが「争うような声や物音はきかなかったか」って近所に聞き込みにいっちゃったよ。あとで調書をとりにきますねって自己紹介した警官は「刑事一係の~」とかいうしさー。オタクの端くれとして警察の捜査一課がどんな事件を担当するかとかって知ってるわけで(苦笑)。あといまWowowで「CSI科学捜査班」っていう鑑識みたいな部署がメインのドラマの再放送特集やってて毎日みてるもんだから興味深々、つい「ガイシャに外傷はありませんでした」とか口走りそうになりました。そういう言葉って感染るよね。って不謹慎ですみません知らない人なんで……お葬式は遠慮したけどお盆のあとにお線香だけあげにいきました。なに話していいかあれほど困ったのも久しぶりでした。
 うちの家業は神社なんでお盆の後に夏祭りがあります。その準備しながら自分ちの墓参りや親戚まわりも……とかやってたら祭りの前日に今度は徒歩5分の場所に住む遠い親戚のおばあさんが心臓発作で死亡。旦那はすでにいなくて独り暮らしだったんですが、お盆で息子と娘が帰省してて孤独死→腐乱死体発見という最悪の事態は免れました。でもふだんここに住んでない人たちだからこの土地の葬式の風習とか知らないわけですよ。田舎だからそういうのうるさいの。うちも含めて近所に住む親戚3家族が召集され、手伝うしかありません。しかも喪主となった息子が自分で物事を判断するってことが苦手な人で、親戚や役所や寺や葬儀屋や町内の老人に違うことをいわれるたびに方針がコロコロ変わってしまい、余計な時間かかりました。死んだ婆さんとその旦那は元教師で仕切りたがるタイプだったんですよね、いままで自分たちで全部やってたんだろうなあ。てか向き不向きに関わらず喪主とかやるのは必ず男の子と決まってるのは良くないですよね、合理的じゃない。
 続いて祭り。伝統行事で大名行列みたいなのやるんですが、少子化で人手が足りず、以前は小学校中学年くらいの子がやってた役目を幼稚園の子が担当したら、暑さで倒れてしまいました。あーあー。そして終了後、人々が引き払ったあとの神社にご町内で評判の悪い男の子が侵入し、賽銭箱をひっくり返してジャラジャラやってるところを氏子のおじさんが現行犯で押さえるという事件まで発生。勘弁してください。
 翌日。今度は両親の職場にいる人の親御さんが急死。同じご町内の人ですよ。うちの地元は近所の人も葬式に参加することになってますから、無関係ではいられません。私は参列しないけど祭りの準備するための人手をとられてしまうのよう。
 で最後に少し離れた場所にあるけど一応うちが管理してる神社でのお祭り。舟を使わないといけないとこだから普段は放置ですが。これは順調に終了してよかったけど人手が足りないから大変なことに変わりはありません。私も巫女さんやって御札やら御守りやらの売り子してきました。やることはコミケで同人誌を売るのと同じさ。舟の安全と農業の虫除けと子宝安産の神社なのに、孫数人をつれたおばあさんから「子供のかばんにつける御守りがほしい、交通安全とか」といわれても困るなあ。女の子だったから「縁結びいかがですかぁ?」と勧めたら本人は食いついてきたのにおばあさんが「馬鹿いうな早すぎる」と怒ってしまいました。んーだよ小学生にもなれば好きな男の5人や6人いるだろーさー。女の子の希望に添えなかったのが悔しいです。それから舟くだりツアーの人たちが立ち寄ってオバサマの集団から「写真とらせてくれる~?」やっぱりコミケと同じでした……。

 という感じで、ようやく落ち着きました。なんか呪われてるんですかね。うちの裏山のお堂の奥で魔物の封印が解けたんじゃないかとか想像すると楽しいです。
 ジャンプ感想ネタバレ注意ですよ~。


●ブリチ
 5周年おめ、表紙と巻頭カラーを飾ってます。久保先生のカラーは嬉しいです。見開き扉、浦原は帽子がないとだれだかわかんない……いつも恋次がいて安心です、ぶっちゃけ主人公より好きだ。キャラクターのキャッチフレーズ募集か……ふだんの煽りはかなり優秀だと思うんですけど、さすがに疲れているのかな。
 本編は、一護のダメな?部分がよく描かれてましたですね。彼のこういうところはねえ、少年マンガの主人公としては面白い性格だと思うんですけど、好みのタイプじゃないんですよね中途半端で。雨竜くらいまでいけば好きなんですけど。チャド久しぶり、すっかり存在を忘れてました(笑)。ルキアを救出にいくときとソックリな展開だなあ、結局たつきちゃんの出番はこれで終わりなんだろか。

●ナルト
 ヤマト先生に無理させるんじゃねー! もしものことがあったらどうすんだ唯一のまともな大人なのに! でもカカシ先生とふたり可愛かった!

●ワンピ
 ふつうに読んでたんですが、最後のジュゴンにビックリ(笑)。よく考えるとご都合主義全開なのに(伏線なかったよね?)そんなの気にしてる場合じゃない画面だった。

●メゾペン
 こういう全体にトリックをほどこすのは凄い好きです。でもイマイチ生かしきれてなかったかな。心理テストの蝋燭は私も一本でした……。

●リボン
 ふつうにバトルですね(一発変換で「婆とル」とでた。何事か)。攻撃やダメージがえらい軽くみえるんだけど、わざとそう描いてるのかなー。

●ムヒョ
 やっぱりエンチューは被害者で悪いのはティキって流れになってるー。だれかに入れ知恵されようが自分の行動を決めたのは自分なんだから本人の責任だろーに。そうじゃないのは自分の判断力がないとみなされてる子供とかだけだ。相手を一人前と扱わないってことじゃんよー。そういうふうに扱われても平気っていうかむしろ嬉しいと考える人とは友達になれませぬ。

●21
 前回だかの次回予告でネタバレされてたとおりの展開だから驚きはないんですが、作戦は面白かったですね。ヒル魔の足は他の選手やらのタイムと比べたら全然たいしたことない速さですが、それが勝敗をわけるときもあるっていう話作りが巧いっすね。しかし以前も書いたけど、このふたりが戦ってヒル魔が勝っても、それで過去の問題が解決できるとは思えません、ここは栗田さんが勝たなきゃいけなかったんじゃないの?と思うなあ。

●とらぶる
 旅館の皆さんがよかった。大人がくだらないことに本気になってるのを子供の視点もまじえて好意的に描くのって面白いですよね。西連寺さんはイヤボーン系なのかw

●エムゼロ
 順位が! あがってる! マジでか。伊勢兄の「俺一人が原因のような言い方~」のあたりはリアルで良い感じ。でも永井のキャラが初登場時から微妙に変わってきてない? とりあえず腐女子的に続きが楽しみです(笑)。

●銀魂
 さがってる。というほどでもないか? どうやら空知先生は姉さんキャラが好きなのかしら、沖田・ミツバ・土方の関係は、新八・お妙・銀さんとソックリだ。わざと似せてて沖田たちの関係が発展するのをみることによって主人公たちの人間関係も変化するんなら問題ないですけど、単に真選組サイドの話なのかな。とりあえず土方がでてればOKです。

●斬
 こういう展開、少年マンガとしては古典的というか……古すぎるものは一周して新しいってヤツ? 貫木くんの強さはよくわかりました。だんだん絵が上手くなってるように思うけど気のせいかも。

●OT
 ようやくヒロインに焦点があたりましたね。正直まったく新しいものがない、です。もちろん目新しければ良いってもんじゃないけどもさ、すぐさま空気化しそうなヒロインだ。彼女と関わってなにかが起きることによって主人公が成長したりするような要素が見当たらない。これからあるのかもしれないけど、だったらそれを予感させるような伏線を今回のうちに入れないとダメでしょう。次回これどうなるのかなーと続きを楽しみにしたくなる部分がないですよね。絵は凄く綺麗で好きなんだけどなー。

●こち亀
 この作品でしかできないような本領発揮の回でした、面白かったです。なんの落ち度もない部長さんが可哀相なオチはどうかと思う。とにかく地位の高くてふだん偉そうにしてる人が不幸な目にあうのをみて笑うのは庶民の楽しみだっていうことなのですけど、子供のなかにそういう感性を育ててほしくないと思うのは私だけかなあ。

●ネウロ
 微妙な掲載順。今回はなんか地味。ネウロの能力ってムヒョの魔法律みたいに設定があらかじめ示されない万能なものなのに、こっちはあまりバトルの緊張感をそいだりしないんですよね、比較の問題ですが。なんでかな。戦術的な要素の有無でしょうか。

●ボーボボ
 おお、ナメ朗のキャラが立った……のはいいけど、髪が白くなるとますますへっぽこ丸との区別がつきません(笑)。最後のほうはポコミの反応をみせてほしかったなあ、それは次回のお楽しみ?

●村雨くん
 強制終了して新展開に突入した感じ。もしこのまま話が続くのなら、主人公は完膚なきまでに敗北したほうがよかったと思います、これじゃいままでの自分のやり方は間違ってなかったってどこかで考えちゃって成長に繋がらない。てゆーか起きたら最初に考えるのは楓の安否ではないの?(笑)

●Dグレ
 えらい下がってますね(一発変換したら「性質って」だって。サガか)。どの回の結果だろう、あのわけのわからなかったときかしら。
 ちょめ助が……(涙)。つーかみんな必死すぎるっていうか、思考に余裕がない。解決できそうにないことがあれば、とりあえず逃げるとか後回しにして自分ができることをやるとか、そういう健康的な発想がないんだもん。悪い出来事にはすべて責任を感じちゃうっていうかさ。逆にいうとすべてに影響が与えられるくらい自分が大きな存在だと思ってるってことかなあ。思春期では当たり前の自意識肥大ですけどね……。もうちっとドライな性格のキャラが好きです私は。神田たん再登場に期待!

●みえるひと
 パワーアップしたからじゃなくて頭部はパワーダウンしたから普通の黒髪に戻ったってことか。意外な設定でした。この地味さは好きだ。ライダーベルト登場、微妙です。逃げるときにもうちょっとこう、姫乃が自分の目的とか思い出して「逃げ延びてやる!」と決意するシーンとか入ってくれれば感情移入できるんだけど。

●もて王
 魔王とか鉄アレイにチクワとか酷すぎる(笑)。私はこういうの笑えるけど、そうじゃない人もいるんだろうなあ。でもまあここで守りに入られても面白さ半減ですから、このまま突っ走って突き抜けてほしいです。悠がメイン張ってるだけで満足でございます。

●ジャガー
 性格的にヘタレゆえの言動は笑えるけど、そもそも話が理解できないって描写は個人的に微妙です。それは生まれつきの知能とか能力の不足が主な原因じゃない? 笑っていいとこじゃないっていうか。この作品でだれかに関わってアレな目にあうキャラは要するに人をみる目がないんですよねマジメに考えると……本人にも落ち度があるからどんな目にあっても納得できて後味が悪くならないってことなのかしらん。うすた先生はものすごく考え尽くして描いてるんだろうなっていつも感じます。


 読切はスルーですスミマセン。評価を押してくださる方ありがとうございます、励みになってます!
スポンサーサイト
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<Warning ! | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ36・37号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。