FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ8号の感想
2005-01-25 Tue 20:00
 ワンピース、相変わらず面白い。主人公なんてそっちのけでもぜんぜん構わない面白さ。フランキーがどんどんイイ奴になってきましたね。なんなんだ......大金を強奪されて集団でリンチされたのに、あっさり仲良く(?)なってしまえる男たちに乾杯。みんなこうなら世界は平和なのに。
 そういえば女キャラの顔の造作という点で尾田さんはチャレンジャーだ。でも体型が同じだなあ。美女は美女の体つきしてる。

 ブリ。織姫ちゃん可愛い......! いいよね彼女、もっとボケなところがみたい気もするけど、とにかく愛い。雨竜とはやいとこくっつけばいい。似合いだよ、うん。てか織姫って一護が好きなんだっけ? そっちは残念だけどふたりでいてもあまりピンとこないし、君には雨竜のほうがいいよ絶対。隣をみるんだ。

 アイシ。ウィッシュボーンの予測はだいたい当たってたようで嬉しい。それにしてもヒル魔さんカッコイイなあ。裏もなにも、この人が泥門のエースに決まってるじゃないですか。そう思われてなかったの? というかヒル魔さんがエースとしてアイシールドを演出してたってことか。
 そして高見さんがマネージャーを呼び捨て! あれ、でも若菜って名字のほうだっけ? あと大平くんがプレイ中だろうがなんだろうが涙をダダ流していて笑った。おいしいなあ(笑)。

 ムヒョ・ロジ。ホラー的表現がうまい。怖いなコレって思う。笑いとか恐怖とか感情に訴えるのって難しい気がするっていうか私が苦手なので、このテクニックを盗めないものかと考えながら読んでました。こういう展開になると一話完結型からシリアス長編型に移行しちゃうのかな? せめて数話完結でいてほしいと思う今日この頃。ナルトとかストーリー追うのが大変なんだもん、同じようにはなってほしくないかも。


 ボーボボ。これは別の意味でストーリーを追えてないので、いま凄く佳境なんだろうって感じはするんだけども、それよりビュティとへっくんの可愛さばかりに目がいってしまいました。一面のネコとウサギが携帯ゲーム機をケーブルでつないでピコピコピコピコ対戦している光景は私もめっちゃ怖いです。

 銀魂。こういう話ってさあ、あらすじを作るのはわりと簡単なんだけど具体的な細部をつめるのがめんどくさいんだよねえ。
 今回のメイン、茂吉。茂吉の謎は空知もきっと考えてない。考えてない部分をこんなふうに思わせぶりに効果として使えるのがテクニックだよね。そいで神楽ちゃんの部屋だけ直ってないとかそういう小ネタも散りばめてあるのが好きです。

 デスノ。可能な限り説明セリフを簡易にしようと努力してるんだと思うけど、それでもこんがらがっていて私のあたまじゃすんなり入ってこないよう。それともわざと? 京極夏彦『姑獲鳥の夏』みたいにさ、キモとなる部分の描写を故意に読みにくくして読者がそこを読み流してしまうようにしむけるというテクニックだったりしますか?
 私はレムのファンなので彼女がどうなるのか気になります、ライトに負けるな。でも今回はライトを応援してました。火口が倒れた瞬間「やった!」とコブシを握ってしまいましたよ。そんなことでいいのか。

 リボーン。ランボとイーピンは仲良くて可愛いよね。大きくなってからもつきあっちゃえ......というのは少し微妙ですけど。
 ツナのお母さんはステキだなあ、あの状況で自然に「うちの子たちなんです」っていえるんだもん(自分の子供じゃないのに)、なんかあんま"お母さん"っぽくないんだけど、こういう人が実際にいたりしたらズキュンときちゃう。ああいう余裕のある態度が親には必要だと思います。
 それに対してリボーンの鬼畜ぶりはいったい......「おまえはすでにマフィアだろ」って素で酷すぎるよ(笑)。教育係としてどうなのよ、それ。

 こち亀。アグレッシブな開発者さんがマッドサイエンティストっぽくて好きです。研究者ってやっぱ社会性が低くないとね!

 グレイマン。「せっ洗面器~」←ウケました。絵のクオリティが高くて良い。

 ハンター......の前のページの『幽☆遊☆白書』完全版13巻の仙水と樹が、雲水と阿含にみえてしまいました......似てるってわけじゃなくて、くっつき具合がね。はは、脳が侵されています。
 旅団は仲間うちで強さを競い合おうという意識がないのが印象的です。団長以外には序列がないんですね。ジャンプでは珍しいチーム関係じゃないですか? ......んなことないか。カルトが男の子だったら私は泣く。フェイタンは飛影にしかみえません。つまり好みです、ラブ。アイシのセナの前髪をみても飛影を連想しちゃんだけど。

 武装練金。剛太にはあまり興味がないもので......戦闘中に敵の能力の死角を見抜くっていうのは、この作品にはよく出てくる展開ですよね。うまく翌週に引いてあるので一緒になって考えるのですが、ぜんぜんわからないです。もちっとヒントになる伏線があればミステリーっぽい読み方もできて面白いのになと思う。
 ところで再殺部隊といえば大槻ケンヂ『ステーシー 少女ゾンビ再殺談』ですが。倒錯してて悲しくてグロい作品です。和月先生は以前、目次コメントで大槻ケンヂの作品について書いてたことありましたね。

 わーくわーく。レオが好きだなあ、どうなるのかしらドキドキ。ヨキとカーフはいまいち萌えないわ、なんか無機質で。

 ジャガー。ハミィはものすごくキモイです、私。ダメこういうの。ロボットの不気味さってこういうのなんかな。
スポンサーサイト
別窓 | 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<名探偵ポワロとマープル | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ7号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。