FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ40号感想
2005-09-06 Tue 02:00
●ブリーチ(巻頭カラー)
 扉が4ページに渡ってる! 水着のお姉さんたちはともかく(ネムとかウルルとかいないじゃん!)男性陣まで作為的に露出度が高いです。剣八さん……前もっと下げて……。人気投票の募集されてますね。
 本編はもう前回とまったく同じ流れ。一護は織姫と違って敵にかなわないんじゃなく自滅ですけど、一護が膝をつき、浦原と夜一が助けにきたところで次回に続きます。確実にノルマ(伏線)を消化してるって感じ。
 織姫とチャドは今後パワーアップイベントがありそうだし、一護の病状は深刻そうです。でも続きを早く知りたいという気にならないのはなぜだろう。話の進みが早いのか遅いのかわかんないっつーか。

●ナルト
 ……いかん、つっこみどころがありすぎる。いちばん納得いかないのはサソリが即死したわけでもないのに動けないってことかな、話すのは平気そうなのに。感動エピソードは当事者同士の会話がなくては成立しないと岸本先生はお考えなのでしょうか。それだと「忍者がすぐに/確実にトドメをささない」ってことになってキャラが無能にみえてしまうですよ、今回に限らず。あと髪の毛がみんな白いからアップになるとだれがだれやら……。
 解毒薬やサソリの本体などがお約束通りだったのは、話としては良いと思います。

●アイシ
 おっと、トーナメントの仕組みが現実と少し違うようですね? 神奈川2位が確実に出場できるってことは原尾さまが再登場するんでしょうか。
 そしてスパイダーズに本物のアイシールド21を匂わせる新キャラが登場。これは陸以上の唐突さかもしれません。アイシールドやサングラスをつけているのはアルビノさんだからみたいですよ(どちらかといえば身体は弱いんじゃ?)。どうやら陸に勝ったことをうけてセナがアイシールドを外すフラグが立ちましたので、泥門の次の試合のメインテーマは本物を絡めたその辺のようです。しかしそうなると王城と盤戸の勝負がどうなるのか予想がつかなくなりました。ところで新キャラさん、フィールドでアンプないのにギター弾いてたんでしょうか。
 あと今回の栗田の扱いはちょっと酷いと思う。全体的にテンポがよくなくて無理があるように感じました。

●ワンピ
 門番の巨人さんの扱いがおいしすぎ(笑)。

●テニス様
 マジで両者とも動かないラリーが展開されている! そして回想シーンに突入ですが、これは長引かないんじゃないでしょうか。この作品のキャラは幼女もこのノリなのかぁ(笑)。


●アニメツアー
 銀魂。おつうちゃんの歌が作中で流れるらしいですよ。「おまえの母ちゃん何人だァ!」ですか!?

●銀魂
 酢昆布たべる効果音が「くちゃくちゃ」になってます。この世界の酢昆布は「ぽりぽり」だったのになんか普通になっちゃってますよ。納得いきません。
 金の亡者っぽい銀さんはもう、こち亀の両さんと同レベルだと思いました。彼らの違いは顔だけだ。しかし、それは決定的な差だ。

●ムヒョロジ
 がんばったわりにたいしたメニューじゃないなロージー。その乙女っぷりには家事スキルも追いついてないのか?
 この作品のやられ役はいつも不快度が高かったり主要キャラと仲悪かったりするんで、安心して見てられますね。そのぶん助けようとする主人公たちに感情移入しにくかったりする両刃の剣。しかも話が進むにつれて主要キャラに反発する脇役のほうが客観的には正しいようにも思えてくる罠。

●ボーボボ
 ところ天と豆腐のふたりに頭蓋骨があるのに笑いました。

●リボーン
 ヒバリさんには致命的な弱点があった模様です。春には引きこもりになるんでしょうか。将来お花見シーズンにはどうするつもりなんでしょうか。日本で真っ当な人生を歩むのが難しい弱点かもしれません。裏街道人生決定でしょうか。
 この作品にあるまじきシリアスな展開でいつもの天然をかますハルちゃんたちが浮いてますね。いままで見る者に不快さを与えることはなかったのに~。
 ところで新キャラのこの名前は……。

●デスノ
 メロとニアは並べてみると本当に兄弟みたいなんだよなぁ。今回はメロが直情的というよりはニアが大人げない挑発をしてるって感じでした。自分から歩みよる意思があるみたいなこといっといて腹の底では煮えくり返ってそうです。ハルも美しく活躍してたし、メロ可愛いし、ニアが「私は信じますよ」といったときのメロの目つきとかドロドロ深くて素晴らしいですね。出目川は最後まで生きのびそうな予感。ライトに舐められまくってる日本の捜査本部の皆さん、もっとがんばってください。

●ネウロ
 今週のツボは「看板料理:スパイラル豚足 店長:陳ヤマト 弱点:老い先短い」です。ネウロが弥子の足首を片手でつかんで軽くふりまわし笹塚と笛吹をゴンガンと倒したのも笑ったし、ふつうに面白いよ。笹塚と筑紫はふたりして笛吹を甘やかしすぎ。回想シーンのコマ割りがガラスの破片を並べたような断片的になってるのはふつうにスゴイと思いました。石垣のメールはマジうぜぇ(笑)。つーかゴキブリホイホイにかかってハムスターが死んだって、電波メールじゃないんだから。
 自宅でハァハァしてる犯人の骨格や腕の筋肉なんかは男性にしかみえないんだけど……いちばんオカマっぽいセーラー服のメガネっこはミスリードかも。赤子を抱いてる人も爆弾と似たようなサイズだから怪しまれそう?

●もて王
 すいません、これもふつうに面白いです。テンポいいし。しかし世界拷問大全を読んでいるからどうだというんでしょう、「拷問全書」「死刑全書」「自殺全書」「食人全書」と順調に揃えていますよ私は。
 Sの人は自分がひどいことするのはいいけど他人が同じようにするのは嬉しくないから共感をもとめても仕方ないわね真白木サン。べつにトラップではなく基本そんな感じなんだぞ?

●みえるひと
 なんか中途半端だー。やりたいことはわかる、わかるんだが! 幽霊を連れていったことで起こりそうな事件とか、いろいろあるじゃない。学校といえば怪談なんだから、ちらっとでも伏線を張ってみるとかさ。
 内容的な感想……明神のちょっとお節介系のよくない部分が垣間見えた気がします。あれじゃ姫乃のほうから謝れないよね。全体的に、もう少し密度がほしい。校長は好きです。

●魔法使いムク(読切)
 絵というか雰囲気が好きだなぁ。少しナルトっぽい、と思ったらナルトのアシさんなのね。キャラの動きや全体のアングルとか良い感じです。欠点は、なんというかナルトの悪い部分を忠実に受け継いでしまっていることかな←演出面ね。
 設定はいろんな作品のツギハギだし(というか魔女の宅急便+ナルトだ)、マンガ家になりたい人が初めて作った話って感じで、ストーリーを組み立てるのをやったことがないんじゃないかと思いました。ずっと作り続けててコレなら原作者が必要なタイプですね。支持はしない方向で。

●タカヤ
 道着がドラゴンボールだね。春歌ちゃんの袴姿は可愛い。そして主人公のさらなる戦闘力インフレ化が! 一ヶ月でもう別人です。これなら最初から天才でそれなりに強い設定でもよかったんじゃないかと思いますがこれは作者にとっても想定外の流れということなのでしょう。気楽に読めるのは確かですね。

●アレン
 黒の教団は教義?というか基本理念はかなり厳しいっぽいのに実際の団員の覚悟や言動がゆるゆるだから、理不尽なことを強いている組織にみえてしまいます。少なくとも宗教団体独特の雰囲気や面白さはないですよね。
 この新キャラ『ピルグリム・イェーガー』の白鶏ピッキオによく似てます。

●こち亀
 いつもこういう話をやってほしい。本当のマニアからしたらぬるいんだろうけど一般人の理解の及ぶ範囲で描かれているマニアックな話。対象年齢はどのくらいのつもりなのかなぁ。

●ミスフル
 あれ、あれ、え? 典型的な打ち切りスピード展開? まだ終わってない……よね? 次回最終回? でもアシスタント募集してるよ? 新展開への巻きですか?

●切法師
 敵の恐ろしさにもいろんなタイプがあると思うんですけど、この作品ではいちばん単純なひとつしかないというか。いや設定的に動物に近い敵だからそういう形にしてるのか? 剣頭吏と同じじゃんね。地に足ついた常識ばかりを働かせなくてもいいんだよう。少しヒネれ。
 主人公が着実に成長してるのは良い感じなのに、どうもこう、なにかが足りませんね。つくづく惜しいです。

●カイン
 悪役を独裁者に設定したことについて。機道士になると頭がおかしくなっちゃうからまともな政治ができないって話なんですよね? 知能が落ちてなにも判断できなくなるとかじゃなくて人間性だけが失われるって感じですよね。損得勘定ができるだけの理性があるならそこまで酷い治世にはならない気もするのです。飼い殺しが基本でしょ? それすらしてないみたいだし。
 このライエンさんがなにをしたいのかよくわかんない。贅沢な暮らしをしたいとかお山の大将として崇められたいとかそういった利害関係はナッシング? 単に破壊衝動を満足させたいだけですかねぇ。
 歴史上にはいくらでも恐怖政治をおこなった独裁者はいましたが、なにかしら大義名分となりうるような思想や目的はあったじゃないですか(世襲の場合は除く)。それと個人の幸福との対立がテーマになる悪役設定だと思うんですけれども。
 こう早送り的な展開になったからにはこの話で主人公が最終的になにを得る予定だったのか見届けたいのに、どうも見えてこないのです。むぅ。

●ジャガー
 アイドルは容姿よりも性格です。この作品に限った話じゃないが、SよりMの人のほうが始末に負えないと思いました。

 アイシとデスノの新刊を入手。今回のアイシは修正作業で手一杯だったのか、オマケページはそれほどでも……いや他の作品に比べたら目を見張るようなサービスぶりですけど(笑)。デスノはまとめて読んだほうがわかりやすいですね。
スポンサーサイト
別窓 | 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<そろそろ開幕 | " Oh woe is me ! oh misery ! " | ジャンプ39号の感想>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。