FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ42号の感想
2005-09-22 Thu 16:00
●キャッチフレーズグランプリ結果発表
 阿含が、阿含たんがコッソリいるじゃな~い。しかもSDキャラで! 保存しなきゃ!

●銀魂(巻頭カラー)
 電車男ネタもいつもの空知節に着地したようです。ちょっとイマイチだったかなぁ。彼女ができても今度はバカップル系のギャグを担当すればいいと思ってました。「おれにも彼女いないのにお前らだけ幸せにさせてたまるか!」みたいな作者の怨念を感じます。ラブホって部屋を選ぶとき無人じゃない? 料金を支払うときもホテルの人は顔がみえないようになってますよね。リアルなのかリアルじゃないのかわからない世界観です。ずっと上の上司をホントに撃っちゃって、しかも土方に罪をなすりつける沖田に萌え。
 タイトルは「恋にマニュアルなんていらない」かぁ……岡田斗司夫の『恋愛の取説』というマニュアル本が面白かったです。自分のタイプを判定してそのタイプごとに“してはいけないリスト”とか書いてあるんですけど、それが身も蓋もなくて……「ダメ男に入れ込んでしまいがちなアナタ。でもお金だけは貸してはいけません」だの「彼の部下や後輩はアナタにとって目下ではありません。勘違いした口の利き方をしないように」だの……それはだれかにいわれたほうがいいよねって感じのアドバイスが多いです(“どうやって切る?”という別れ方の指南まであるし。笑)。こういうキャラこの作品に棲息してそうだ……っていうか、タイプ別にみると銀魂には同じような系統のキャラしかいないんだなぁとわかったりします。

●ナルト
 ようやくナルト側の戦闘に入りました。始まる前からダレてるような感じでしたが、意外とメリハリのある展開になってますね(意外っつったら悪いか)。最後の見開きで同じ場面をいろんな角度からみた絵が描いてあるのとか非常にこの作品っぽい表現で、けっこう好きです。

●ブリーチ
 同人誌みたい、と思ってしまいました。空手部員や一般市民に死者がでた件とかはフォローなしですかね。責任を感じるべき死神さんたちが呑気すぎてチョット。乱菊さんコスプレ風俗嬢みたいだし。でもとりあえずルキアが再登場したので嬉しいです。

●ワンピ
 うわー、スパンダム大活躍(笑)。こいつは政府側の人間でルッチたちは雇われているだけって感じでけっこう立場が違うみたいですね。ロビンたん大好きな私は彼女が殴る蹴るされるのをみれて大満足。ひきつづきフランキー×ロビンを推しますよ。


●ボーボボ
 「てへ☆」が銀魂とかぶってる(笑)。鬼畜ビービビ萌え。奥さん登場しないかな~。

●増刊の広告
 なにこの気合いの入りよう。買うけど500円は高いと思います。

●リボーン(Cカラー)
 人気投票結果発表。とことん下馬評どおり。ランキングフゥ太がイーピンよりも上! そして京子ちゃんとビアンキは番外か。私は獄寺のファンだけどこのカラー扉ではツナがいちばんだな。ハルちゃんも良い。本編での注目は繭になったレオンかな。なにか生まれるのかしら。

●タカヤ
 プロレスラーがこないだの読切「ナックモエ」と同じこといってるね。観客にきかせてどうする。

●アイシ
 なんのサービスですかコレ。2m近いヤツが銭湯で泳ぐなよ水町。でも今回なんか絵が乱れてますね。目次コメントから察するにファンブックの作業が佳境のようです。オフィシャルがヒルまもに続いてセナ鈴をプッシュしてきました。しかしセナの成長を描くにしても一人称まで変えようフラグが立つのはどうなのか。「ぼく」なのは育ちや性格の問題だと思うけどね。セナがアイシールドを外す=まもりの精神的自立なわけですが、彼女は選手じゃないしスルーされる可能性もあるなあと思ってたのに、作者さんはちゃんと描いてくれるつもりみたいですよ。それは楽しみ。
 ところで筧たちはセナがアイシールドだって知ってましたっけ? また進みたいに筋肉で識別されたのか?(笑)

●ムヒョロジ
 あれー? 五嶺さんって第一印象とずいぶん違うキャラですね。作者が「こういうのは悪いだろう」「可哀相だろう」と確信してだしてきてるのが私の認識とはズレてるから、斜に構えたような楽しみ方しかできないんですよね、この作品。
 ロージーは考え方がマジで少女っぽいなぁ。ここまでくると性同一性障害として治療が必要なレベルにみえてくる。

●もて王
 この扉はさすがに引いた。

●(1)’clock(読切)
 タイトルに機種依存文字が! ○の中に数字が入ってるヤツ表示されないんだよ~。赤マルに載ってた話の焼き直しっていうか改稿ですね。重要なシーンはほとんど同じだし、それほど絵的に進化したようにもみえないかも。そこはかとなくオリジナル同人の匂いがします。
 本人が思い描いている成長した自分の姿に変身できるというアイディアは、いろいろ変化していきそうで面白いと思います。でももっと露骨にわかりやすいヒーローなデザインにしたほうがいいかも。ほかのエントリー作品と違ってちゃんと連載向けのストーリーをもってきたのは好印象です。いちおう支持で。

●ミスフル
 こっこれは! 人気投票の結果をみて他校のキャラを登場させるために、いろんな学校から数人の代表者をだしてキャンプするわけ!? 高校野球なのに甲子園そっちのけ! 予想の斜め上をいく潔い展開!

●みえるひと
 うっすらと面白いんだけどなあ。いかにも呪いそうなお姉さんの隣人とかでないかな。

●デスノ
 第二部が一気に収束してきたような気がします。ニアが「これでは日本の捜査本部にキラがいると言っている様なもの…しかし我々が死ねば関係ない…そういう事か」と考えてますけど、たとえニアたちが死んでも、日本の捜査員たちがライトを疑うことに変わりはないんじゃないですかね。ついに仲間も皆殺し?

●テニス様
 どこかがズレてる。絶対的に浮世離れしてるYO! なにこれ、おっかしい!

●ネウロ
 掲載順ヤバイです! というか警察は犯人から子供を保護してくれ。

●ハンター
 よかった載ってる。絵もマシになってきて話は相変わらず面白いです。しばらくモラウのバトル展開でいくのかな? 今回の感じではまだ死にそうにないような……。

●Dグレ
 掲載順ホントにヤバイ! 今回の扉とか最終回かと思った。説明はわかりやすかったです。要するに斬魄刀の名前を知らないで使っていた、みたいな。「追い込んで活路」なのは作者だったりする?

●こち亀
 電気自動車を「実物大ミニ四駆」と例えるのはこち亀らしくて好きです。しかしマジメな話、自動車が無音になると歩行者の安全面でどうなのかな。両さんがオチで作ったものが珍しく実用性ないね。

●切法師
 繭と「子供の頃の私」の描き分けができてない~。
 主人公の求めるものが不特定多数の幸せ、すなわち世界平和なんですよね。大きな志で個人的にはすごく好きなんだけど、主人公の人生に関わるような個人的な感情のほうが動機としては理解されやすいのでしょう。うーん。デスノでキラはどんな人物かプロファイルする場面で「ノートを手に入れた人間が幼すぎれば嫌いな奴を短絡的に殺したりするだけだし成人してれば自分の金銭的な欲望を満たすような使い方をするだろうから、犯罪者裁きをして世界を良くしようとするようなキラは中高生」という場面があったじゃないですか。切法師は表面が低年齢層向けにできてるのに実際はもう少し年長の読者が楽しめるような内容になっていて、その辺のズレがこの結果なのかなあと思います。

●カイン
 ……せっかくの女軍人なのに、女将軍なのに、この性格。もったいない……。というかティエンとかぶってんじゃん。ほかの将軍と一般兵の鎧がよく似てて区別がつかないぞー。今度こそ次回最終回っぽい。

●ジャンプル
 「みたこともない男が教頭と名乗っている」にウケた。

●ジャガー
 最初から腰が引けてるし。人間力の差って残酷ですね。パブロフくんだって田尻と斉藤がそんな態度とらなければ、ここまでやることはなかったと思うよ。自分がダメなだけでなく他人までダメにしてしまう、それがダメ人間。生きるって大変。

●懸賞の当選者
 アニ基地の当選者に「零戦」という名前の人がいます。そのまんま読むのか?

 ではまた来週。
スポンサーサイト
別窓 | 2005 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<W2 チャージャーズ対ブロンコス | " Oh woe is me ! oh misery ! " | W1 イーグルス対ファルコンズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

| " Oh woe is me ! oh misery ! " |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。