スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ジャンプ32号の感想
2006-07-12 Wed 09:06
 現在、自室の模様替えに突入しかけております。まあそれはおいといて、今週の感想もいってみよう。短めに~。

●テニス様
 何週か読み飛ばしちゃったんですけど、話についていく分には問題ないのが凄いです。今週も意味不明な勢いだけの見開き連発で気持ちいい。

●ナルト
 敵側のキャラを立ててきましたね。その儀式、角度を変えて何度も描写すると変だよ。つーかマヌケだよ。そういうの大好きだけど。ナルトの修行はダルイです。カカシ先生の「あんまり引っぱるのも~」発言はちょっと。こないだの「小説みたいに~」と同じで。もて王とか銀魂とかで使うのはいいけど、ナルトはそこまでくだけた作品じゃないよね。火印の腰布の見せ方がカッコよかったです。

●ブリチ
 うはw、ノリノリだね久保先生w
 てゆうか、なにこの既視感。白哉にいさまのは千本桜だっけ? 日番屋の足がなんか鳥みたいでおかしい(羽根しょってるから故意に演出してるんだろうけども)。乱菊さんの好感度ダウン。浦原はこんなんでいいのか?

●ワンピ
 ロビンたんが変化してる描写がいいなあ。救出役がフランキーなのは嬉しい。彼にしかいえない言葉がある。フランキー×ロビンな展開を期待!

ジャンプ32号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ31号の感想
2006-07-04 Tue 09:18
 お久しぶりのジャンプ感想です。書いてない過去数週分に触れている作品もあります。今回の主な感想テーマは「バトルの勝敗から作者の価値観を知る」です。

●Dグレ
 遅ればせながら再開おめでとうございます。なんか絵柄が変わりましたね。巻頭カラーがピンクパープル?基調で、ジャンプでは珍しい感じが面白いです。
 蝋花に化けたフォーの言葉から作品テーマがわかります。人間関係至上主義とでもいいましょうか。戦闘技術を高めてそれを発揮することに喜びを見出すとか、自分の序列を上げたいとか、単に血が見たいとか、社会を変革するような思想に身を捧げたいとか、そういうのはないわけね。語弊のある言い方をすると「女性っぽい」です。
 そのテーマはもちろんいいんですけど、教団という設定が生かせないですよね、それ。個人の感情より組織が掲げる理念を優先して行動するのが、宗教団体に所属するキャラの醍醐味ですので。以前から、言葉の表面的なイメージだけで設定を作ってるような印象が全体から感じられます。でも絵の美麗さという最大の武器が生かせるのならそれでいいのかなって気もします。
 アレンの修行について。ブリーチの一護が内なるホロウを押さえられなくて苦労してた頃、内なるホロウを性欲に置き換えれば小中学生男子にとって身近な話になるというのをどなたかの感想で読んで、なるほどナルトの九尾なんかも全部それなんだなと思ったわけですけど。アレンの寄生型イノセンスも同じ性質のものなんでしょうか。男性作者さんと違って星野先生はそれを実体験を伴って理解していないからアレンにこの試練をどう乗り越えさせたらいいのかわかんなくて困ってるんじゃない?などと休載中は思ってました。ここでも「少年マンガってそういうものだ」というイメージだけで設定を考えてるような印象をうけるなあ。そんなわけで、アレンがどんな形でイノセンスをものにするのか期待してます。
 しかしラビたちが特攻しなきゃいけない理由はサパーリです。友達の仇討ちにしても。てゆーか任務で一緒になっただけなのに、いつのまにそんな深い友情を育んだんだろう。いや現実なら戦場で生死を共にしたら短期間でも家族みたいになっちゃうんだろうけど、フィクションではそれなりのエピソードを入れてほしいかなって。
 もし私が同じ状況におかれて友情を感じることってなにかな……たとえば旅先のレストランなどでメニューの字が読めず適当に注文したら、嫌いな物がきちゃって。でも仲間は仕事のこととか大事な話をしてて水をさすのも気が引けるし、黙って我慢するか、なんて思ったときに、隣の子が気づいて交換してくれたりしたらめっちゃ嬉しいです。その子のために命かけるよ!(それ友情……?)
 まあこのていどの本筋には全然影響しないような小さな描写でいいんだけど、ってことです。

ジャンプ31号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ18~22号の感想
2006-04-27 Thu 04:04
 ジャンプ4冊分の感想を書こうとしてみます。今週はゴールデンウィーク合併号か……。

●ToLOVEる(新連載)
 非常にわかりやすいラブコメが始まりましたね。すべてがなにかの焼き直しのようにもみえますが、べつにそれは面白さとは関係ないので、ベタベタかつ軽く読める作品を期待します。恋愛の物語は感想が書きやすいですし(笑)。絵が話と合っていて良いと思いました。きらきらトーンが似合いそうって意味ね。

●ワンピ
 バトルやってるとあまりコメントすることがないんですよね、この作品。いや面白いんですけど。それぞれキャラの能力に制限をつけるのが巧いなあと思います。そげキングとゾロのやりとりに笑いました。久しぶりにスパンダムの姿がみれて満足です。この作品はどんなキャラもみんな考えてることがすごくわかりやすくてわからない人がいないんですけど、それが良いことなのか悪いことなのか、そこはわかりません。

●ブリチ
 一護に修行つけてくれてる皆さんの目的は、孤立しがちな例外的突然変異として徒党を組み、仲間を大事にしていこうという、そういうことなんでしょうか。なんというか、この作品らしい集団だとは思う。
 小学生の隊長はソウルソサエティの隊長のなかで一番まともで有能ですよね。苦労性だなあ。開きなおったようにガンガン後付け設定が追加されていくのが可笑しい。きっと王族とやらも威厳があるようにみせかけて仲間内ではフレンドリーな人たちだったりするのでしょう、新しいキャラの登場はこの作品の醍醐味のひとつですから、非常に楽しみですね(この辺は本気で褒めてるんです……)。さいきん絵が荒れ気味?

ジャンプ18~22号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ17号の感想
2006-04-01 Sat 02:42
 そーとーは、吹雪、吹雪、氷の世界。ありえないから。

●ワンピース
 見開きカラー扉がいつもの高品質です。こういった内容のとき、ふだん格好いい系のキャラがアホな役で、ウソップのようなキャラは逆に見栄えがするようなコスチュームを着ているのは、きっと狙ってやってるんだと思います。好きな感覚です。ロビンがスゴイ、腕は自前ですか。
 本編。フランキーのバトルが楽しいです。ワンピのバトルはキャラの能力や武器だけでなく舞台を利用するのが面白いと思う。その舞台が現代日本ではありえないような冒険世界で、しかも野原とか荒野とかじゃなくて人工物が多かったりするのが好きです。バトルに入ると冗長だとかいわれがちみたいですけど、尾田先生の描きたいものと私の読みたいものはけっこう一致しているので、個人的には非常に楽しんでます。

●ナルト
 順番に並んでないと落ち着かないですよね。わかるよ。……A型じゃありません、B型です。絵本の内容がわかりやすくて、しかも江戸時代にありそうな構成なのが好印象でした。

●ブリチ
 本能って闘争心とか殺戮願望とかいう内容ですかね。戦闘力にはソレが含まれているのに、いままで一護はソレ抜きで戦ってきており、白一護はソレをもって戦えるから黒一護より強いって感じ? わかりやすいな。なにが面白いって、その本能が自分の中に存在することを黒一護が認めたくなくて過剰な拒否反応を示してる理由が、ソレに対する恐怖とかなんとかじゃなくカッコワルイからなんじゃないかと思えるところです。この作品でもっとも忌み嫌われる観念は「悪」でも「弱さ」でもなく「格好悪いこと」ですからねー。いやでも、それって大事ですよね、マジメな話。

●21
 神龍寺の生徒は応援にホラ貝を吹くんですか(笑)。阿含はリターンを中断するときもサイドラインに出るだけで、倒れ臥したりは絶対にしないんだな。どんな扱いのキャラかよくわかる描写です。モン太の動き方が特徴的で、顔が判別できないような遠くからでもわかるのが面白い。愛されてる。ところでコミックス新刊を読んで思ったんですけど、盤戸戦での武蔵の「なんかしたか」って一休の「そんなもんか」と似たようなもんですよね。うける印象がぜんぜん違うのは人徳の差でしょうか。今回セナの内面が珍しく描かれてましたね。自分自身の向上心や自尊心が行動の動機になってないところは相変わらずだなあ。これは更なる成長のために足りない部分を示す伏線とみました。神よ、雲水さんにも愛を注いでください。

ジャンプ17号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ジャンプ16号の感想
2006-03-22 Wed 01:38
 ここ2週間くらい、いろんなところでポーションが話題になってましたね(まだ進行形?)。私の行動範囲ではノーマルな話題のようで……。飲んでみての感想でいちばん笑ったのは「ステータス異常おこすかと思った」でした。うまいこと言いやがってます。

●表紙
 初期の両さんですね~私が生まれる前か?みたいな顔ですよ、これ。

●こち亀
 そして巻頭カラー。見開き扉の麗子のポーズが変です。そして最終回みたいです。まさかそんなサプライズはないだろうと思ったけど、やっぱりありませんでした。この作品の昔を懐かしむ系の話は良いと思うので、内容はオッケーです。というか、大人しかったですし。

●ブリーチ
 あ、なるほど、外で一護の身体をかこんでる人たちは、精神世界での決着がつくまで適当に相手をして時間稼ぎをするのが目的なんですね。なんでみんなしてボコっちゃわないんだとか思ってましたが。この人たちは……基本的な質問なんですが、人間出身なんでしたっけ。それとも元死神? いや一般市民みたいな服を着ているじゃないですか。セーラー服の彼女がこんな体術をどこで学んだのでしょう。一護はいちおう中学までは空手をやっていたという設定でしたけど……そういう細かいことが気になるんですよう。

●ワンピ
 フランキーの戦いが面白かったです。アニメで見たい感じ。でっかい相手を振り回している場面とか、良いですね。チョッパーと合流するのかー。別々に戦っているようでいて完全には独立してないのが退屈しなくていいんじゃないかと思いました。

ジャンプ16号の感想の続きを読む
別窓 | 2006 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
BACK | " Oh woe is me ! oh misery ! " | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。